AGAの原因、症状、対策

AGA(エージーエー)とは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

AGAの原因

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHTが高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。

AGAの診断

AGAの診断基準として明確に定義されているわけではないですが、家系(遺伝)や薄毛の進行が始まった時期、喫煙や飲酒といった生活習慣など、総合的な観点から診断されます。

一方で、AGAかどうかを見極める国際基準もあります。それによると、「薄毛部分に20%軟毛化」があるかどうかがAGAの診断基準とされています。また、頭頂部や生え際といった薄毛の箇所もAGA診断の際の基準になります。

AGAの対策

髪にとって良い習慣と悪い習慣があります。髪にとって良い習慣を日常に取り入れて、身体の中から育毛していきましょう。生活習慣の中で特に気を付けたいことは、栄養バランスと血行促進です。それぞれについて下記にまとめました。

AGA治療薬プロペシア

プロペシアは、AGAの原因となる男性ホルモン(DTH)の生成を抑制することで、脱毛や薄毛を防ぎます。2005年12月に万有製薬(株)から発売されました。少し専門的になりますが、DTHは、血中のテストステロンに5α‐還元酵素が働いて作られる物質です。プロペシアは、5α‐還元酵素を阻害します。そのためDTHが作られなくなり、AGAに効果がみられます。豆知識になりますが、もともとこのプロペシアは、前立腺肥大症の治療薬として開発されたのですが、服用した患者から「毛が生えるようになった」という訴えが相次ぎ、改めて育毛剤としての研究開発がされたのです。

AGA治療薬ミノキシジル

AGAの治療薬としても知られているミノキシジル。プロペシアと併用することでさらなる発毛効果を期待できる成分です。頭皮に塗る外用薬と内服するタブレットがあります。

商品画像
商品名
商品詳細
フィンペシア1mg × 10錠

フィンペシア1mg × 10錠


997円


フィンペシア1mgはプロペシアのジェネリックとして薄毛治療に効果のあるAGA(男性型脱毛症)改善のお薬です。服用することで、ホルモンの活性を抑制、抜毛防止に繋がります。
ツゲインフォーム2%60mg×3本

ツゲインフォーム2%60mg×3本


6916円


ツゲインフォーム2%60mgはシプラ社が開発したミノキシジルを主成分とする育毛剤です。日本では「リアップ」アメリカでは「ロゲイン」という商品名で販売されている人気商品です。
プロペシア1mgx28錠

プロペシア1mgx28錠


5320円


プロペシア1mgは飲む育毛剤とも言われるほど、男性脱毛症(AGA)に効果のあるお薬です。プロペシアは抜け毛の原因となる男性ホルモンの抑止することで、発毛に効果があると言われています。