アレルギーの治療

私たちの体には、細菌やウイルスなどの病原体が入ってきたとき、それらを除いて体を守る「免疫」という働きがあります。ところが、この免疫が食べ物や花粉などに過剰に反応してしまうことがあります。これを「アレルギー反応」と呼んでいます。花粉症、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎・・・。これらはよく耳にするアレルギー疾患・症状です。

アレルギーの症状

アレルギーの症状は、複雑さ、重症度、徴候の点で異なります。

主な症状は、目の痒みから、湿疹、鼻炎、結膜炎、気管支収縮、嘔吐、下痢まで様々で、程度にも差があり、まれにアナフィラキシーに至ることもあります。

アレルギーの原因

・食生活の変化

食生活の欧米化に伴って、動物性脂肪や動物性たんぱく質を多く食べるようになり、アレルギー疾患に悪い影響を与えると言われている「アラキドン酸」を摂取する機会が多くなりました。インスタント食品や加工食品に含まれる食品添加物がアレルギー疾患に悪影響を及ぼしたと考えられています。

・遺伝

アレルギー疾患は全て遺伝で起こるわけではありませんが、両親にアレルギー疾患があると、子どもが発症する割合は多くなります。子どものアレルギー疾患は、親からの遺伝と外的要因(環境要因やアレルゲン)が加わり発症すると考えられています。

・環境

大気汚染、排気ガス、たばこの煙、花粉や黄砂など。これらが、呼吸をするたびに気道を刺激するので、呼吸器系のアレルギー疾患にかかる可能性が高くなりました。

・化学物質の刺激

衣類や洗剤に含まれる化学物質が静電気を帯び、肌をチクチクして刺激を与えます。

アレルギーの治療方法は?

日本人に対して、アレルギーとは普通な病気でしょう。アレルギーとの関係で言うと、喘息は、明らかにアレルギーの関与が認められるアレルギー型と、関与が明らかでない内因型とに分けることがあります。

・薬物療法

花粉症、アトピー、喘息ともステロイドを中心とした、飲み薬、塗り薬、吸引薬などの薬物で治療している。花粉症を完全に治す薬はありませんが、症状を軽くするために、症状の種類や重さによって飲み薬や点鼻薬が使われます。くしゃみ、鼻みず、鼻づまりなどを軽くする効果があります。

・日常生活習慣の改善

花粉症の症状が出る前に抗アレルギー薬を予防的に用いる。

風の強い日は、外出を控える

目・鼻・口から花粉の侵入を防ぐる

花粉は家に持ち込まない、帰ったら、手・顔を洗い、うがいをする

窓や戸のむやみな開閉は避ける

部屋をいつも掃除する。

商品画像
商品名
商品詳細
ジルテック10mg × 10錠

ジルテック10mg × 10錠


598円


ジルテック10mg × 10錠とは、花粉症によるアレルギー性鼻炎・クシャミやじんましん・皮膚のかゆみを緩和するお薬です。ジルテックは、持続性・即効性が高いのも特徴的です。服用後、すぐに効果が現れます。また胸やけ・口渇きといった副作用も少ないのも人気の一つです。アレルギー体質で副作用が気になっていた方は、是非お試下さい。
オカセット5mg×10錠

オカセット5mg×10錠


1881円


オカセット5mg×10錠はヒスタミンの働きを抑え、アレルギー症状をおさえます。主に蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症などの治療に用いられます。アレルギーの発症を抑えるヒスタミンの受容体をブロックし、体内物質として活性化しているヒスタミンの働きを抑えます。またアレルギーに関係する化学伝達物質の遊離を抑制する作用もあわせもちます。
セロフロ 100mg × 30錠

セロフロ 100mg × 30錠


1026円


セロフロ 100mg × 30錠とはぜんそくの長期管理薬アドエアのジェネリック医薬品です。気道の過敏症を抑えるステロイドのフルチカゾンプロピオン酸エステルと気管支を拡張し気道を保持するキシナホ酸サルメテロールの両方の成分が配合されており、気管支を広げて、炎症を抑える 効果が期待できます。