媚薬の種類、効果及び副作用

媚薬とは

媚薬(びやく、英語:aphrodisiac)とは、狭義には催淫剤と呼ばれ勃起不全の治療に使われる薬を言い、広義には性欲を高める薬、恋愛感情を起こさせるような薬を言う。惚れ薬とも称される。主に性的興奮を高める作用を持つ薬の総称であります。中国の唐の時代には楊貴妃が愛した魅惑的な香りとしてアンバーグリスがあります。このアンバーグリスはマッコウクジラの結石を原材料とした作っ た香料です。これは嗅覚からホルモン機能に働きかける現代のフェロモン系の媚薬と同じ効果があるの香料であります。そして18世紀フランス国王の愛人はム スクの香りを使って作った香水でルイ15世をゲットしたと言われています。このムスクは麝香鹿(ジャコウジカ)の雄の生殖腺分泌物から採取した香料です。 この分泌物は雌の鹿を引き寄せる力を持つフェロモンであります。日本の場合は昔、惚れ薬と言われています。女性や男性に飲ませると、相手の方から自分を求めてくるということができます。

媚薬の成分

現代科学が発達している今は昔より媚薬の種類が大きくなったり、媚薬の使い方が簡単になったり、そして媚薬の効果がもっともっと進化しました。
成分から見ると现在、媚薬によく使用される主な成分:
ヨヒンベ
原産はアフリカでアカネ科の植物になります。日本では薬事法に指定されており、あまり馴染みがない成分かも知れませんね。海外ではペニス増大薬に配合されるなど、一般的に利用可能な有効成分として有名なのです。ヨヒンベは、血流を促進させる効果が高いと言われています。また、便秘解消・ダイエットにも効果がある成分です。

媚薬の情報

商品画像
商品名
商品詳細
lovegraラブグラ

ラブグラ(女性用バイアグラ)100mg × 4錠


1121円


ラブグラ(女性用バイアグラ)100mgは女性の性的な欲求や快感を満足させるために開発された女性用精力剤です。バイアグラと同じ主成分シルデナフィル配合されていて、女性が性交する前に服用すれば、性交中に感じる性的快感の量を間接的に増やす効果があります。
vivacreamビバクリーム

ビバクリーム7.5mgx3本


5130円


ビバクリーム7.5mgはMDサイエンス社が開発・製造している女性の性欲・性感をより敏感にさせる媚薬クリームです。ビバクリームに含まれている有効成分の効果によってより敏感な刺激と体温から伝わる暖かさが加わり、感度が上がります。
KYジェリー

KYジェリー(女性潤滑ゼリー)100gx1本


2137円


KYジェリー(女性潤滑ゼリー)100gは女性がオーガズムを得ることを前提につくられた不感症・絶頂不全改善の商品です。水溶性の潤滑ゼリータイプの為、ベタつかずとても自然な形で膣の中を潤してくれます。

媚薬の種類

マカ
マカの歴史は非常に長くて、特権階級の人々の食物として重宝されていたと言われています。原産は南米ペルーでアブラナ科の多年生植物になります。マカの根は、鉄分・カルシウム・必須アミノ酸などのミネラル成分を多分に含み、植物性ハーブの栄養剤として幅広く利用されています。また、栄養剤に限らず、精力剤・滋養強壮薬などに用いられる事も多い植物ですね。

ガラナ
原産はアマゾン川流域になります。ガラナは、カフェインやタンニンが豊富に含まれている果実の事です。神経を敏感にする働きがあるので、良く媚薬・興奮剤に配合される成分になりますね。

コラナット
原産はアフリカ西部になります。コラナットとは、高木の常緑樹の果実の事です。成分としては、カフェイン・コラニン・テオブロミンが含まれており、中枢神経に興奮効果がある事から、媚薬・興奮剤として使われています。

トンカットアリ
原産は東南アジアの熱帯雨林地帯になります。トンカットアリはジャングルの中に自生しているニガキ科のハーブの一種の事です。マカ等と非常に似た効果を持ちながらも大きな副作用もなく、非常に安全性の高い成分だと言われています。特に、血液循環を促進させる作用が高く、昔から強壮薬や媚薬として現地の人達に愛用されてきた成分です。媚薬としては、男性の性機能向上の医薬品によく使われていますね。さらに、女性の方でホルモン分泌が過剰な場合は、トンカットアリの有効成分がその分泌を制御し最適なホルモンバランスに近づけてくれるそうで、妊娠しやすい体の状態になっていくと言われています。

朝鮮人参
原産は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域になります。中国東北部やロシア沿海州にかけて自生するウコギ科の多年草です。薬として有用な部位は根っこになります。成分はジンセノサイドとよばれるサポニン群で、糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効能があり、古くから万能薬として珍重されていました。

バイオペリン
原産はインド南部の湿気の多い肥沃な土壌になります。そこで栽培される黒コショウから辛味成分ピペリンを抽出したものです。バイオペリンは血管を広げて血液の流れを促す作用があり、媚薬・ペニス増大製品に良く使われます。

現代媚薬の種類は
1.催淫剤
催淫剤は性欲を亢進させる薬。主に男性の精力減退の治療に用いられまた勃起を促す作用を持つことです。女性の場合はFLY D5原液などが知られている。

2.性ホルモン剤
アンドロゲン、エストロゲンなどのステロイドホルモン製剤の一部に、性器の発達を促す作用があり、性欲増進に効果があるとされる。

3.勃起機能改善薬
ヒンビンやストリキニーネなど、性器の充血を昂進させる作用を持つ薬。市販薬では、バイアグラが著名で類似した薬も多く売られている。

4.刺激性物質
経口摂取、または注射により尿内に残留し、尿路から性器を刺激する。多量に摂ると、毒になる物質にこの作用が見られることがある。

5.女性潤滑剤
水溶性の潤滑ゼリーで、セックスくを満足させることを前提に作られたゼリーです。そして、膣内の潤い不足改善。

6.民間の伝承薬
漢方薬や生薬といった、口伝や経験則によって効能や有効成分が認められている薬。または、感応呪術による性器食。

媚薬の効果

媚薬の効果は媚薬の種類によってそれぞれがあります。全体から見ると、性欲欠乏改善薬、女性潤滑剤、外用剤など。性欲欠乏改善薬は不感症、セックスレス、女性ホルモンの分泌不足などの症状を改善します。女性潤滑剤は女性の性器を最も感度アップさせ、セックス中の痛みを防止し、陰道を清潔にする同時に収縮させます。また、殺菌の効き目もあります。外用剤はほとんどクリームのことで、セックスの快感をさらに向上させます。なお、清潔抑菌の効き目を持って、性疾病を有効的に予防し、人体に副作用や毒性がありません。

媚薬の副作用

媚薬の副作用は興奮作用のある成分を多量に摂取すれば神経過敏となってイライラや不安が増幅し、カフェインを多量に摂取すれば睡眠障害にもなります。
その他にも、以下のような副作用がしばしば見られます。頭痛 / 手足の痛み / 食欲減退 / 体重低下 / 関節痛 / かゆみ / 脱毛 / 色彩感覚の異常もしこういった症状が現れた場合は媚薬が体に合っていないかも知れないので、使用を中止して様子を見ましょう。

媚薬の体験談

媚薬の体験談には媚薬を利用するお客様が書いた媚薬の口コミです。
1.初めて媚薬を購入した、最初の時、ちょっと心配ですね。30分過ぎたあたりで、彼女の様子が変わってきました。いつもはあまりあえぎ声を出さない彼女ですが、一突きごとに大きくのけぞり、声を抑えることもなく感じてくれました。
2.彼女はちょっと不感症気味なので、セックスはいつも満足できないです。友人から紅蜘蛛を勧められて、彼女の合意を得たうえに飲ませました。本当に効果があるんだった!興奮、刺激なセックスを初めて体験できました。
3.この火て「禁断の実」まつげの時、だめな自分が瞬間に恥ずかい痴女になったようです。最初は夫もこの変化に驚きました。催情剤を服用した後はまたとても明らかな媚薬効果が、だんだんも良くなってきました。今私は基本的には媚薬を使わなくても、普通の女と同じでセックスができました。
4.私の場合、セックスの一時間前に服用すれば自身も「媚薬も服用したことだし完璧だ!」と自信満々で、知らずしらずの内に気持ちよくなりました。なんで飲むのが一時間前が良いかと言われたら、二日酔いにならないためにドリンクタイプの薬と同じでお酒を飲む直前に飲んでも効果はないでしょう。