アバナ・ハーブ

アバナ100mgは勃起不全を改善するED治療薬です。ステンドラのジェネリック薬で即効性が高く食事の影響も受けにくい特徴性があります。ペニスが早い時間に増大増長し、ペニスの硬度も高まるといわれており、射精までのセックス時間も大幅に延長されるといわれているようです。

ED勃起不全の原因

アバナ・ハーブ

アバナ・ハーブ勃起不全治療

アバナ・ハーブは、即効性を特長とした新世代の勃起不全治療成分であるアバナ・ハーブと、早漏治療を目的として開発されたダポキセチンを配合した画期的な薬です。

勃起不全(ED)は、勃起機能障害、勃起障害とも言われる男性の性機能障害(SD)のひとつで、その名前からイメージするような「完全に勃起ができない状態」ではなく、勃起に時間がかかる、途中で萎える、満足な性交ができないなどの症状を指します。 

男性の代表的な性的悩みであるこれらの勃起不全、そして早漏の両方に対して効果を発揮するのが、アバナ・ハーブです。 

その有効成分のひとつであるアバナ・ハーブは、シルデナフィルやタダラフィル、バルデナフィルなどと同様に、陰茎海綿体に存在して勃起を阻害するホスホジエステラーゼタイプ5(PDE5)酵素を選択的に阻害することで血管を拡張させ、結果として血流量が増えることで陰茎組織への血流が増加し、勃起不全を改善します。同類の成分と比較して圧倒的な早さで効果が現れ、早い人では15分以内に勃起が発現するとの報告もあります。 

またもうひとつの有効成分であるダポキセチンは、本来はうつ症状の改善に使用される選択的セロトニン取り込み阻害剤(SSRIs)です。脳内の興奮を鎮めるセロトニンの濃度を高めることで、性的に敏感になり過ぎている脳を鎮め、交感神経から射精中枢へと興奮が伝わるのが抑制されることから、射精までの時間を3-4倍延長する効果があると言われています。

アバナ・ハーブは、服用後15分ほどで効果が期待でき、またタボキセチンは服用後約1時間で最高血清中濃度に達することから、性交の約30分前の服用が推奨されています。