抗うつ剤の種類と特徴

うつ病

うつ病とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害である。有病者数は世界で3.5億人ほどであり一般的であり、世界の障害調整生命年において第3位(4.3%)に位置づけられる。

私たちは、生活の中でさまざまな出来事が原因で気持ちが落ち込んだり、うつな気分になったりすることがあります。しかし、数日もすると落ち込みや憂うつな気分から回復して、ところが時に、原因が解決しても1日中気持ちが落ち込んだままで、いつまでたっても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続く場合があります。このため、普段どおりの生活を送るのが難しくなったり、思い当たる原因がないのにそのような状態になったりするのが、うつ病です。

うつ病の症状

うつ病の症状は、やる気が出なかったり、物事から興味が無くなったり、おっくうな気持ちになったりという「心の症状」が出てきます。しかし、ほとんどのうつ病の始まりは、心ではなく体に出てくるのです。

うつ病の症状には精神症状と身体症状があります。ここでは、身体症状と精神症状を詳しく説明します。

身体症状

睡眠の異常,不眠または睡眠過多

疲労、倦怠感

食欲の低下または増加

頭痛頭重。肩、腰、背中などの痛み

目の疲れ、耳鳴り、難聴

めまいが出るケースもある。

精神症状

マイナスな感情、例えば、不安、悲しみ、焦り

やる気がない

自殺、自傷

症状は朝悪く、夕方楽になる

精神運動の障害(強い焦燥感・運動の制止)

思考力や集中力の低下

自責感の発生

うつ病の原因

うつ病はなぜ起こるのかという問題のはっきりした原因はまだよくわかっていませんが、脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、ストレスやからだの病気、環境の変化など、さまざまな要因が重なって発病すると考えられています。うつ病は、ストレス社会が生んだ現代病のように思われがちですが、昔からある病気です。人によっては一生のうちで何度もうつ病を繰り返すこともあります。

抗うつ剤の種類

抗うつ薬は神経生理学的に病的になった脳内の機能を調整します。

抗うつ薬は、うつ病の原因と考えられている脳内の神経伝達系(セロトニン、ノルアドレナリン系など)に作用します。抗うつ薬の種類はその化学構造や作用機序などに基づき、三環系、四環系、SSRI、SNRI、そしてNASSAなどがあります。それらを開発された順に多少の重なりはありますが、古いものから並べると、「三環系→四環系→SSRI→SNRI→NaSSA」となります。一般に新しく開発された薬は脳内のターゲットにより選択的に作用します。治療効果はより高く、副作用はより少なくなります。

抗うつ剤の効果と副作用

効果

抗うつ薬には、飲みはじめてすぐには効果があらわれず、しばらく続けていると徐々に症状が改善されてくるという特徴があります。ほど飲み続けないと効果を確認できません、薬が体質に合わなければ別の薬で同じ事をします。自分に合った薬を飲むいい効果が出る。

副作用

抗うつ薬の副作用は、抗うつ薬が脳内のターゲットとする神経伝達系だけでなく、他の神経系にも作用があることが大きな要因です。次は、抗うつ薬の一般的な副作用を説明します。

副作用は薬の種類によって細かく異なるため、注意が必要である。抗コリン作用による口渇、便秘、目のかすみ、排尿困難など、めまいなど、抗ヒスタミン作用による眠気、体重増加、抗ムスカリン作用による視力調節障害、手足の痙攣・振戦、全身の痺れなど(重症になると一ヶ月ほど痺れが続く場合もある)。そして、性機能障害、胃腸障害、便秘・排尿障害などの障害の場合もある。

でも、具体的には治療薬の種類、投与量、年齢、性別、薬物の代謝機能、そして身体疾患の有無などが複雑に関与し合うことが副作用の個人差を大きくしています。

抗うつ剤の情報

商品画像
商品名
商品詳細
ジェイゾロフト50mgx30錠

ジェイゾロフト50mgx30錠


2565円


ジェイゾロフト50mgは、ファイザー製薬による開発された抗うつ病薬です。ジェイゾロフトは、従来のお薬と比較すると効果が絶大とされ、うつ病以外にもパニック障害や上がり症にも有効です。