ED勃起不全の原因及び治療法

勃起不全(ED)とは

勃起不全(ED)とは「勃起機能の低下」を意味し、英語で「Erectile Dysfunction」、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。そのような言葉にすると、完全に勃起ができない状態、ととらえがちですが、実はそうではありません。勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で萎えてしまったりして、満足のいく性交ができないと感じる人は、いずれも EDの疑いがあります。専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

EDの原因

性的な興奮は神経を介してペニスに伝わります。すると、ペニスにある陰茎海綿体の動脈は大きく拡がり、陰茎海綿体に十分に血液を送ることができます。これ がいわゆる「勃起」といわれる状態です。もし、神経と血管のどちらかが、または両方が正常に働かなくなると、結果として陰茎海綿体に十分な血液が流れ込ま ず、「十分な勃起が得られない=ED」が起こりやすくなります。

EDの治療法

として多く用いられるのが投薬による治療です。内服薬としてよく知られているのがバイアグラやレビトラなどの西洋生まれの薬剤と、昔から使われてきた伝統ある漢方薬です。バイアグラなどは後程詳しく説明するとして、ここでは漢方薬について少し取り上げましょう。漢方薬は効果のあるもの、ないものの差が激しく、当たり外れがあります。しかし心疾患などの他の薬剤との相性の悪いバイアグラを服用できない人には有効です。八味地黄丸、柴胡加竜牡蛎湯、牛車腎気丸などが有名です。

EDの治療薬 

ED治療薬が優れているところは、やはり口から飲めるということでしょう。実際、1999年に経口薬によるED治療法が日本で開始されてから、 ED治療はより一般的なものになり、多くの日本人男性が救われてきました。さらに今後、ED治療は、EDを改善するのと同時に、患者さんがED症状を感じ始める以前のように、自然体の自分をとりもどすことができる治療法が期待されているのではないでしょうか。

商品画像
商品名
商品詳細
viagraバイアグラ50mgx4錠

バイアグラ50mgx4錠


6156円


バイアグラはアメリカの製薬会社が製造され、世界で初めて製品化されたED治療薬であります。成分により、EDを治療する効果があり、空腹時の服用をオススメです。
cialisシアリス20mg × 4錠

シアリス20mg × 4錠



6127円


シアリスはイーライリリー社が開発した勃起不全のED治療薬です。シアリスは他のED治療薬よりも高速に作用して効果が長時間持続する世界シェアNO1のED治療薬です。
levitraレビトラ10mg × 4錠

レビトラ10mg × 4錠



5208円


レビトラはバイアグラが登場して数年後に出た事もあり後発的なイメージもありますが、バイアグラと違いレビトラに含まれる有効成分バルデナフィルは食事による影響を防ぎ、食事をした後にも十分な効果が期待できます。

ED薬の比較

現在、ED治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類があります。バイアグラ特徴世界的知名度があり、4000万人が愛用している。根強いファンがおり、バイアグラでないという方も多い(副作用で顔がほてるのが、逆に薬が効いている感があると好む方も)レビトラ特徴早く効き、副作用が少ない。多少食事の影響は受ける。バイアグラで効果がない方でもレビトラで効果がでる場合がある。シアリス特徴最大36時間の圧倒的な効果持続時間。副作用が少ない。食事の影響もほとんど受けないため、気軽にいつでも服用できる。

医薬品名
主成分
即効性
アルコール
持続時間
バイアグラ シルデナフィル
60分
NG
4時間
バイアグラ(チュアブル・ゼリー)
シルデナフィル
15~20分
OK
6時間
シアリス
タダラフィル
30分
NG
36時間
シアリス(チュアブル・ゼリー)
タダラフィル
15~20分
OK
36時間
レビトラ
バルデナフィル
45分
NG
12時間
レビトラ(ゼリー)
バルデナフィル
15~20分
OK
12時間

EDの予防方法

には、EDの原因や危険因子を減らすことが大切である。血管障害の予防には、高血圧、動脈硬化、高脂血症、糖尿病、肥満などの予防が重要である。これらはいずれも生活習慣病とよばれる病気で、予防の柱は食事・運動・休養の3つである。 適度の運動習慣は、血液の循環を改善して血管や心臓・肺などの循環器系を若返らせ、血圧を下げ、肥満を解消し、糖尿病や高脂血症のリスクを減らす。また、気分をさわやかにし、ストレスを解消するためにも、運動は大いに効果がある。 適度な運動は年齢や個人の身体状況によって異なるが、一般的には、強すぎない有酸素運動(エアロビクス運動)を汗ばむ程度の時間(30分以上)、続けることが必要。

この条件にある運動としては、速めのウォーキング、ごく軽いジョギング、長距離をゆっくり泳ぐ水泳、水中のウォーキングやエアロビクス体操、クロスカントリースキーなどがある。どの運動を始める場合も、中高年の人や、糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満、脚・ひざや関節の病気、心臓病や脳血管の病気などの既往がある人は、必ず医師に相談し、アドバイスを受けながら運動をするようにしましょう。