ホルモン剤(男/女)

ホルモン剤(男/女)は男性や女性用の二つの種類があります。ここではホルモン剤(男/女)の投与方法やホルモン剤をランキングをご紹介いたします。取り扱っているホルモン剤は全てメーカー正規品のため、どうぞご安心してください。ホルモン剤(男/女)をお探しの方必見です。

スキンケアのコツ   ダイエット方法と食事   AGAの原因と改善対策

ホルモン剤(男/女)
28% OFF
モデュス10mg×10錠
Modusモデュスは女性ホルモンの一つ「黄体ホルモン」を補うお薬、プロベラのジェネリック医薬品です。モデュス通販サイトでの口コミから見るとホルモン異常治療、不妊治療の効果が誇っています。ホルモン異常から困られて不妊治療薬購入したい女性はどうぞモデュス...

¥907

¥646

  • sku: 588
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:女性用
  • 対応病気:不妊治療
24% OFF
クロミッド・ジェネリック50mgx10錠 クロミッド・ジェネリックは生理はくるが排卵をしない事が原因の不妊症(無排卵性周期症)で悩む女性の為に開発された排卵誘発剤です。利用者の口コミからみると排卵誘発剤の効果が強いです。副作用も少ないです。排卵誘発剤正規品購入したい方はこのページでチェックし...

¥1,000

¥760

  • sku: 455
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:女性用
  • 対応病気:不妊症

2 合計

女性用のホルモン剤とは

主に婦人科系の疾患を治療するための「ホルモン療法」で、ホルモン剤が使われます。最もよくみられるのが、生理不順や月経前症候群、更年期障害など、生理周期にかかわる体の不調を改善するためのものです。また、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮癌・乳癌といった疾患、不妊症などの治療にも使われます。疾患によって使われるホルモン剤の種類は違いますが、どれも体内のホルモンバランスを調整して不調を改善するという意味では同じホルモン療法です。

男性ホルモンとは反対に、女性ホルモンは副作用の心配がほとんどなく、よい作用をたくさん持ち、しかも長期間の使用が可能で, 「ホルモン補充療法を受けている人は長生きする」 といわれ、その学術的根拠が次第に解明されてきております。女性は治療のみならず、よりよいシニア時代への薬として女性ホルモン剤を利用出来るわけです。一方、男性は副作用の点で男性ホルモン補充療法を受けることができないため、ホルモン以外の手段で若さを保持するしかありません。

・ホルモン剤一覧・
1.卵胞ホルモン薬(エストロゲン)
プレマリン、ジュリナ、エストリール、エストリオール、エストラジオール、ディビゲル、ル・エストロジェル

2.女性ホルモンの一つ「卵胞ホルモン」を補うお薬です。女性ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるいろいろな症状を改善します。おもに、月経の異常、機能性子宮出血、更年期障害、腟炎などに用います。プレマリンやエストリールは、骨粗鬆症の治療にも使います。飲み薬のほか、外用の貼り薬や膣錠もあります。単独で用いるほか、黄体ホルモン薬と併用することが多いです。

3.黄体ホルモン薬(プロゲステロン)
プロベラ、ヒスロン、プロゲストン、デュファストン、ノアルテン、ルトラール女性ホルモンの一つ「黄体ホルモン」を補うお薬です。黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるいろいろな症状を改善します。生理不順、無月経、機能性子宮出血、黄体ホルモンの不足による不妊症などに用います。一部の製品は、流産・早産の防止薬とします。また、ホルモン補充療法では、卵胞ホルモン薬と併用することがあります。