不眠症の原因と治療方法

不眠症とは

夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態は不眠症と言います。または、睡眠障害とも言います。

日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。不眠症は、小児期や青年期にはまれですが、20~30歳代に始まり加齢とともに増加し、中年、老年と急激に増加します。

不眠症の原因

まずは身体的な病気です。疼痛やアトピー性皮膚炎、喘息、糖尿病、心臓病といった病気にかかっている時は、この症状のためにストレスが強くなったりして交感神経が活発になり不眠の症状も起こりやすくなると言われています。

次は脳や神経の障害です。器質的なうつ病や更年期障害、神経症の「とらわれ」が原因ではない自律神経失調症などにより交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで不眠の症状が起こりやすくなることがあると言われています。

または薬やカフェインといった原因物質です。抗うつ剤などの薬や、コーヒー、お茶などの飲み物に含まれるカフェインの影響で眠れなくなることも多いものです。

最後は生活リズムの乱れなどの原因です。夜勤のある仕事をしている人や、昼夜逆転の生活をしているような人は睡眠のリズムが乱れるために不眠症になりやすいと言われています。

不眠症の症状

1. 入眠障害

眠りに付くまでの時間が長く、30分~1時間も掛かるという方は、ただ寝つきが悪いというだけでは済まされず、入眠障害の可能性があります。

寝つきの問題は、睡眠への満足度が低い方が抱えている悩みの中で最も多いものです。床について眠るまでに掛かる時間を「入眠障害」と言いますが、一般的な入眠潜時は10~15分と言われていますので、30分以上、ましてや1時間も掛かってしまうというのは非常に長いということです。

2. 中途覚醒

一度は眠ったはずなのに、夜中に何度も何度も目が覚めてしまい、また眠りに就くまでに時間が掛かってしまうことを中途覚醒と言います。一晩に大体2回程度は目覚めてしまう、目覚めた直ぐにまた眠ることが出来る、という現象なら特に問題はありません。しかし、一晩に何度も目が覚めてしまう、目が覚めた後に寝付く事が出来なくなるとしたら、それは中途覚醒の可能性が非常に高いです。

3. 早朝覚醒

例えば、目ざまし時計を6時にセットしたのに4時に起きてしまう。もっと眠りたいのにどうしても変な時間に目覚めてしまう。希望とする時間よりも2時間以上早く目が覚めてしまう症状は、早朝覚醒と呼ばれる不眠症の症状です。目が覚めた後も再び眠りに就くことは出来なくなるのです。「なら早起きしたと思って…」と思うかもしれませんが、不眠症は立派な病気です。そこまでポジティブに考えられる話でもありません。その分、日中に猛烈な眠気を感じるものですから堪りません。望まぬ早起きをした挙句に、仕事中に眠気でミスを起こすというのは笑えない話です。この早朝覚醒は先ほどの中途覚醒に続き、高齢者に多い症状とされています。

不眠症の治療方法

1. 睡眠環境の見直します。不眠症治療の第一歩は、睡眠環境に問題がないかを見直すことから始まります。そもそも眠りに悪いことをしていたら、眠れないのは当たり前ですよね。睡眠環境に問題はないのか、ひとつひとつ見直してみてください。基本的なことですが、これは非常に重要です。

2. 眠りにとらわれすぎない意識を持ちます。眠れない日が続くと、「眠りたい、眠らなきゃ」という気持ちがどんどん強くなります。しかし、眠ることに対して過剰に意識しすぎてしまうと、これは不眠悪化の一因になってしまいます。「眠らなきゃ!」という考えで頭がいっぱいになり、自分にプレッシャーをかけすぎてしまうと、交感神経が興奮して余計に眠れなくなってしまいます。また、「今日も眠れなかったらどうしよう」と不安な気持ちを抱えてベッドに入れば、不安で頭がいっぱいになり、これもまた余計に眠れなくなります。「まぁ、眠れなくてもいいから横になっていようか」くらいの気持ちでベッドに入った方が実は良く眠れるものなのです。「絶対に寝なきゃいけない!」と自分にプレッシャーをかけすぎてはいけません。極論ですが、不眠症で死んだ人はいません。だから、「まぁ、眠れなくても死ぬわけじゃないしな」くらいの気持ちで睡眠に望んでください。その方が間違いなく良眠できるようになりますから。

睡眠薬

睡眠薬とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物です。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用があります。睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれています。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当します。これらの薬による「睡眠」とは比喩であり、麻酔として使用された場合に意識消失を生じさせている事であり、通常の睡眠段階や自然な周期的な状態ではないです。患者はまれにしか、麻酔から回復し新たな活力と共に気分がすっきりすることを感じないです。この種類の薬には一般的に抗不安作用から意識消失までの用量依存的な効果があり、鎮静/催眠薬と称されています。

商品画像
商品名
商品詳細
メラトニン3mgx200錠

メラトニン3mgx200錠


6517円


メラトニン3mgは自然的に睡眠を促進出来、「時差ボケ防止」にも作用がある人気睡眠薬です。十分な睡眠を促進すると同時に、老化防止(アンチエイジング)目的でも使用される、睡眠促進剤です。
ゾピクロバン7.5mg×30錠

ゾピクロバン7.5mg×30錠


2736円


ゾピクロバン7.5mgはロイドラボラトリーズ社が製造する睡眠障害改善の薬でアモバンのジェネリック医薬品です。主成分であるゾピクロンは脳内のGABA(γ-アミノ酪酸)の働きを促進させることで興奮状態を抑え、緊張や不安を緩和させ眠りへと導きます。