禁煙方法と禁煙補助薬

煙の危害

みんなは知っているようにタバコタバコは健康に損なうものをたくさん含んでいます。そしてどんな成分が身体に影響を与えるのかここでは詳しくご紹介します。

有害物質が体に入る

タバコに火をつけることで、有害物質が大量に発生するようで、約4000種類の化学物質で構成されており、その中にはヒ素、ダイオキシンなど約200種類の有害物質、約60種類の発がん性物質が含まれているようです。

依存症になる

タバコを吸って、「気持ちいいな」という快感を生じさせる物質のドーパミンが放出され、より快感が生じてしまうようです。ですから、もっともっとタバコを吸って、だんだんタバコに依存します。

寿命が縮まる

世界各国で喫煙者と非喫煙者の寿命を見る限り、喫煙者の方が寿命は短いようです。

歯周病になる

タバコに含まれる有害物質によって、口の中に病原菌が増殖してしまい、口の中の毛細血管の中を流れる血が滞ってしまい、歯周病が発生してしまうようです。

家計への負担

タバコ1箱で、一度に大金を払わないので気づかないかもしれませんが、毎日吸い続けているタバコが、かなり家計に負担をかけていたとは驚きです。

家計への負担

禁煙について

禁煙(きんえん)とは、喫煙を禁止する、若しくは喫煙者が喫煙を止める事です。

そこで、禁煙のメリットについて具体的に挙げてみたいと思います。

・せきやタンなどがなくなる

・呼吸が楽になる

・味覚が敏感になり、ご飯をおいしく食べられる

・マヒしていた嗅覚が元に戻る

・部屋がタバコくさくないので、家族や恋人を呼べるようになる

・睡眠の質が向上する

・日頃のストレスが解消される

・カラオケで声がよく通るようになる

・口臭が気にならなくなる

・肌がキレイになる

・子どもや奥さんが長生きできる

禁煙の効果的な方法ご紹介

「一生吸わない」ではなく、「この1本を吸わない」

どんなに高い山を登るのも、地道な一歩から始まるのです。目の前の“1本”に集中しましょう。

周囲に“禁煙宣言”する

これは他力本願的な考え方ですが、なかなか効果的です。自分の力ではやめられない人も、周りからプレッシャーを与えてもらい、禁煙を強制的に持続させることができます。

禁煙外来に頼る

これは専門家による治療のため、最も安心かつ確実な方法ですね。

禁煙外来では保険も適用されますし、期間も3か月と比較的短い期間で禁煙することができます。

薬での禁煙

禁煙時のイライラなどの症状を緩和し、禁煙を導く禁煙補助薬です。

禁煙補助医薬品ご紹介

ご紹介したように主に禁煙治療薬はチャンピックス・2週間パック、チャンピックス・スターターパック、ニコテックスの3つに分けられます。

それぞれの薬で使用の仕方や副作用、費用が異なりますのでご自分にあった治療薬を選ぶことが大事です。

商品画像
商品名
商品詳細
ニコテックス4mg × 10粒

ニコテックス4mg × 10粒


931円


ニコテックス2mg × 10粒はタバコをやめたいと思ってる方のためのニコチンガム(禁煙補助薬)です。禁煙時のイライラや集中力が散漫になるなどの「離脱症状」を緩和して無理の無い禁煙を達成に導きます。
チャンピックス・スターターパック0.5mg・1mg × 25錠

チャンピックス・スターターパック0.5mg・1mg × 25錠


7201円


チャンピックス・スターターパック0.5mg・1mg × 25錠とは、ニコチン依存からの禁断症状を抑制し徐々に喫煙量を減らしていく禁煙補助薬品です。 煙ガムのようにニコチンを含まない商品です。
チャンピックス・2週間パック 1mg× 28錠

チャンピックス・2週間パック 1mg× 28錠


7552円


チャンピックス・2週間パック 1mg× 28錠とは飲むタイプの禁煙補助医薬品(ニコチン依存症治療薬)となります。チャンピックス・2週間パック 1mg× 28錠は禁煙ガムや禁煙パッチなどニコチンを含むタイプの禁煙補助医薬品と異なりニコチンが含まれていません。