女性性病を救うレボフロックス 女性性病を救うレボフロックス

性病については皆さんご存知でしょうか?性病は性感染症ともいいます。性行為によって感染する病気のことです。一般的に性病は性交行為によって感染されている病気ですが、世界である伝染病と言われています。以前の性病とは、主に梅毒、淋病、軟性下疳、そけいリンパ肉芽腫の4つの病気をさします。しかし、最近、性病の範囲は広くなっているだけではなく、その中に若い人が増えている傾向があります。今はHIVの発病率の増加に伴って、HIVはもう公共健康にひどい影響を与えています。性病の予防は個人的にも家族にも一番重要な問題ではないですか?

女性性病を救うレボフロックス 女性性病を救うレボフロックス

性病の種類は梅毒、エイズ、淋菌感染症、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ、ケジラミ症などがあります。女性性病の種類は一般的な性感染症と同じ、主にクラミジア頸管炎、トリコモナス膣炎、カンジダ膣炎、性器ヘルペス、尖形コンジロー ム、B型肝炎、エイズ、梅毒、淋病などのがあります。

女性性病を救うレボフロックス

もし女性が性病に感染したら、妊娠は赤ちゃんに感染しますか?答えははい、感染できますが、病気の種類によりです。どんな性病を感染すると、赤ちゃんにうつりますか?以下のように説明します:

エイズ、C型肝炎、カンジダ、梅毒、トリコモナス、B型肝炎、コンジローマ以上病気になったら、赤やんは肺炎、失明、奇形や最悪の場合最後死ぬまでのこともあります。現在、日本では若い人を中心にこの「性感染症=STD」の感染が拡がり、社会問題となっています。例えば不妊症の原因となりうるクラミジア感染症の感染者数 は、症状の現れない人をあわせると100万人以上ともいわれており、感染者の多くは10代後半から20代に集中しています。

■クラミジア感染者数:10万人当たりの感染者数
女性性病を救うレボフロックス

2000年度 厚生労働省性感染症センチネル・サーベイランスより

女性性病を救うレボフロックス

レボフロックス(クラビット)とはChlamydia、淋病、性病、前立腺炎、発疹チフス、睾丸炎、淋病性尿道炎、子宮筋層炎、子宮内感染、バルトリン線炎などの性病、感染症を改善する為に研究された医薬品クラビットのジェネリック薬品となります。

販売以来は大好評になっています、女性にも男性にも使用できます。もし以上の病気になったら、一日にも早く、レボフロックスを使用してみてください。

女性性病を救うレボフロックス