避妊ピル

緊急避妊アフターピルにはアイピル、低容量ピルにはトリキュラー28、そのような避妊ピルがたくさん掲載されています。また、ジェネリック系もあります。全ての避妊に失敗した場合に服用できる商品であります。性行後24時間以内に服用する事で95%以上の確率で妊娠を回避すると言われています。

性病の種類とその治療   避妊薬ピルの種類、効果

避妊ピル
14% OFF
アイピル(アフターピル)1錠 × 1箱 I-pillアイピル(アフターピル)の効果は、望まない妊娠を防ぐ為のみにご利用下さい。アイピルの常用はお止め下さい。 レボノルゲストレルにアレルギー反応のある方は、服用をお止め下箱さい。 既に妊娠されている方は絶対に服用しないで下さい。またアイピルは...

¥1,500

¥1,282

  • sku: 37
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:女性用
  • 対応病気:避妊
14% OFF
トリキュラー 21錠×1箱 Triquilar トリキュラー は、バイエル社が開発した低用量ピルです。 ホルモン分泌を自然のパターンに類似させ、身体にあまり負担を掛けない三相性タイプのポピュラーな低用量避妊ピルです。 避妊効果に伴う副作用が現れることがあります。日本の産婦人科で...

¥1,755

¥1,501

  • sku: 567
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:女性用
  • 対応病気:避妊 
14% OFF
ジネット35-21錠 × 1本 Ginetteジネット35は、欧米人に比べ体格が小さい人のために作られた避妊薬です。避妊する効果があると同時に、更年期障害を改善するのもできますので、避妊薬購入したい女性たちから愛用されています。当サイトでジネット35の効果・副作用・用法詳細などの情...

¥2,200

¥1,881

  • sku: 392
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:女性用
  • 対応病気:避妊
14% OFF
オブラル-L Ovral-Lオブラル-Lは避妊・生理痛に悩まされる方を目的として製造された避妊薬です。 副作用が少なく、効果が優れますから、女性から愛用されています。もしあなたもこれを使いたければ、どうぞUSkenkoでオブラル-Lの用法詳細を了解しましょう。

¥2,422

¥2,071

  • sku: 607
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:女性用
  • 対応病気:避妊
9% OFF
ヤーズ(YAZ)1箱x28錠
ヤーズは、新種のドロスピレノン成分が含まれている新しいタイプの超低用量ピルです。生理痛や生理前の症状が重度な方にオススメしています。服用する事で月経による症状が緩和・改善する効果が高いと言われています。 この商品を購入したい方はヤーズ(YAZ)通販で...

¥3,100

¥2,800

  • sku: 867
  • 在庫状況: 在庫切れ
  • 適用人群:女性
  • 対応病気:生理痛・避妊
28% OFF
ノベロン×21錠 Novelonノベロンは避妊効果を持たせながら、ホルモンの量をぎりぎりまで少なくしてある低用量の経口避妊薬です。副作用については乳房の張り・痛み、吐き気、不正出血、体重の増加などがあります。では、この薬の用法詳細はもっと了解したい方や避妊薬購入したい...

¥2,640

¥1,881

  • sku: 604
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:女性用
  • 対応病気:避妊
22% OFF
ロエッテ0.12mg×1箱 Loetteロエッテは、低用量ピルの中で最も避妊効果が高い商品です。従来の低用量ピルは、飲み忘れた場合は避妊効果が薄れますが、ロエッテの場合、緊急避妊用としても服用出来ます。従って、避妊薬購入したい女性たちの中で人気がすごく高いです。当サイトはロエッ...

¥2,800

¥2,166

  • sku: 568
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:女性用
  • 対応病気:避妊
28% OFF
ニエル72 Neil-72ニエル72は世界でもっともポピュラーなモーニングアフタータイプの避妊薬アイピルのジェネリック医薬品です。避妊効果がすごいですので、女性たちの中で人気がすごいです。当サイトでその薬の効果・副作用・用法詳細などの情報が全部ありますので、避妊...

¥1,707

¥1,216

  • sku: 592
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:女性用
  • 対応病気:避妊
28% OFF
ヤスミン(超低容量ピル)×21錠 Yasminヤスミン(超低容量ピル)は、エチニルエストラジオールとドロスピレノンを主成分とした低用量避妊ピルです。避妊する効果があると同時に、更年期障害を改善するのもできますので、避妊薬購入したい女性たちから愛用されています。当サイトでヤスミン(超低...

¥3,240

¥2,308

  • sku: 395
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:女性用
  • 対応病気:避妊

9 合計

避妊ピルとは

避妊ピルとは

妊娠ということは女性側だけではなく、男性側の努力がもちろん必要なんです。でも、避妊の場合は妊娠と同じで、女性側単に行える避妊法がもちろん、男性側主導で行える避妊法は確かにも必要です。现在一般的な避妊方法はコンドーム、子宮内避妊システム、基礎体温方法、避妊手術など。これらの方法より女性が自分で行え、錠剤を毎日一定の時間帯にのみ、そして、正しくのめば確率の高い避妊する効果が期待するという避妊方法は避妊ピルです。

避妊ピルというのは女性ホルモンを含有して排卵を抑制することができる錠剤です。そして、低容量ピルと緊急避妊ピルという2つタイプがあります。

低容量ピルとはごく自然な状態で排卵を抑制することができ、徐々にホルモン量を多くしているので、急激な副作用はありません。例えば:トリキュラー28という人気な低容量ピルです。

緊急避妊ピルと(アフターピル)は事後ピルとも言われています。緊急避妊ピル(アフターピル)の服用タイミングはほかの避妊ピルと比べて違います。緊急避妊ピル(アフターピル)は性交渉後24時間以内で服用する避妊ピルです。そして、妊娠回避効果も非常に強力と言われています。例えば:アイピルという緊急避妊ピルです。

こちらは日本人気避妊ピル専門通販サイトです。叙述に言った全ての低容量ピル、緊急避妊ピルを揃えて、値段は市販より激安価格で購入できます。避妊ピルを求めの方はオススメです!

ピルの服用方法

低用量ピルは1日1回1錠を、毎日同じ時間服用で避妊ができます。基本的には、販売されている低用量ピルには、21錠タイプと28錠タイプがあります。

28錠タイプには、7錠の偽薬が付いています。偽薬はプラセボなどとも呼ばれます。偽薬は毎日服用する習慣をつけるために考えられたものです。休薬期間空けの飲み忘れを防止する効果もあるといわれています。基本的な服用方法は変わりません。生理の始まった日を1日目とし、28日間を1周期として考えられます。

21錠タイプの場合

生理の始まった日から、毎日決まった時間(ご自身で服用しやすい時間帯でよろしい)に1錠ずつ21日間服用し、その後7日間服用を休止します。7日間の休薬中に生理のような出血があります。

この28日を1周期として7日間のお休みが終わった翌日から新しいシートの服用を開始します。

28錠タイプの場合

生理の始まった日から、毎日決まった時間(ご自身で服用しやすい時間帯でよろしい)に1錠ずつ28日間服用します。最後の7錠(プラセボ錠)服用中に生理のような出血があります。

この28日間すべて服用したら、そのまま翌日から続けて新しいシートの服用を開始します。飲みはじめから、毎日飲むようにすると習慣化できます。携帯電話などのアラーム機能を利用したり、起床時や就寝前など決めておくと飲み忘れが防げるのではないでしょうか。健康な女性であれば、ほとんどの場合お薬を服用することができます。

しかし、低用量ピルは安全性が確立されたお薬ですが、婦人科チェックの結果、処方できない場合もあります。

ピルの服用注意点

ピルの服用注意点

  • 服用から2時間以内に吐いてしまった場合、翌日の分を服用して、そのまま服用をつづけてください。(注意:2時間以上経って吐いた場合は、すでに吸収されていますので、特に心配ありません)
  • 飲み始めて生理の量が少なくても避妊効果はあるため、途中で中止しないで飲み続けてください。
  • プラセボ錠は飲み忘れても問題ありませんが、飲む習慣をつけるため続けて飲むことをお勧めします。
  • 飲み始めて1ヶ月は、確実な避妊効果が得られない可能性があるため他の避妊方法との併用をお勧めします。
  • 一般的に休薬期間またはプラセボ錠を飲み始めて、2~3日で生理のような出血が始ります。生理の有無・量にかかわらずプラセボ錠を飲み終わったら、新しいシートを開始してください
  • 毎日同じ時間に服用する事を忘れないようにして下さい。飲み忘れると避妊効果が低くなります。
  • ピルを服用してもエイズなどの性感染症は防げません。不安な思いをしないためにもコンドームを併用して下さいね。

ピルの副作用

大きな副作用(乳がん・子宮がん、血栓症)

20歳代で1万分の1位の確率で発生すると言われています。

  • 乳がん : 自然な発生でも年齢とともに増加します。早期発見であれば、自己検診がとても有効です。乳房の外側上方に好発するというデータがあります。
  • 子宮がん : クリニックでは初診時に子宮がんの検診を行っています。性交感染症といった既往がある場合などには、1年に1度の検診を受けてください。
  • 血栓症 : 突然の足のむくみ、呼吸困難などで発症します。喫煙のほか、年齢や血栓傾向の抗体などが発症率を上昇させます。リスクを避けるために、禁煙をおすすめしています。

小さな副作用(頭痛や吐き気など、体調不良)

1シート目の1週目は全体で1/3程度、3シート目になると1/20程度の確率で発生すると言われています。こうした小さな副作用のほとんどは服用を続けることで徐々に収まっていきます。

  • 短期的 : 頭痛、吐き気、乳房の張り、体重増加、にきびなど
  • 長期的 : 出血、微熱など

低用量ピルにはいくつかの種類があります。それぞれ小さな副作用の出方が異なっていますので、初診時にそれぞれについてご説明しています。初診と2回目の受診時にそれぞれ1ヶ月分をお渡ししているのは、患者様が問題なくそのお薬を飲み続けていけるかどうかしっかり確認する意味もあります。 ピルは毎日飲み忘れずに服用することが不可欠ですので、ご負担なく飲み続けることができるかどうかがとても重要なのです。また、にきびに関しては、できにくいピルもあります。こうした小さな副作用は、同じ時間に毎日飲み続けることでほとんどは収まっていきます。

ピルに関するQ&A

ピルに関するQ:ピルとは?

A:ピルは低用量経口避妊薬のことです。エストロゲンとプロゲストンという女性ホルモンが少量ずつ含まれた錠剤です。これらは卵巣で作られるホルモンとほぼ同じ構造をしているので、体に有害ということはありません。女性であればもともと自分自身の身体にあるホルモンを錠剤として毎日加えているだけのことなのです。

Q:ピルっていつ服用すればいいの?

A:毎日、ほぼ同じ時間帯に一錠だけです。飲む時間帯に指定はないので、ご自身の飲みやすい時間を決めて服用下さい。

Q:安全日とは?危険日とは?

A:安全日や危険日は、妊娠しにくい時期・しやすい時期を意味した、一般的な呼び方です。妊娠は、卵子と精子が巡り会って成立するものと決めます。
卵子が卵巣から飛び出してくる「排卵」の時期によって、妊娠の可能性は左右されるため、排卵日を基準として安全日や危険日という考え方が定着したようです。
安全日:妊娠しにくい期間のこと。一般的に、排卵期が過ぎて数日後から次の生理がはじまるまでです。
危険日:妊娠しやすい期間のこと。一般的に排卵が始まる3日前から排卵が起こった翌日までです。
危険日は、排卵期と重なり、排卵が起こるその日だけではなく妊娠の可能性が高まる期間です。
一方で、安全日といわれる期間は比較的長く、タイミングによっては妊娠する可能性は異なるでしょう。排卵後すぐであれば、安全日と思っていても妊娠の可能性が高く、決して確実に妊娠が避けられる時期ではありませんので、注意が必要です。

Q:将来不妊症になる?

A:ピルの服用を止めるとすみやかに自然な月経周期が回復し排卵がおこるようになり、妊娠が可能になります。ピルは望まない妊娠を避けるための方法ではなく、望むときに妊娠をするための方法でもあるのです。

Q:ピルを服用しても生理がくる?

A:女性の体は約1ヶ月の周期でホルモンが変動し、排卵・月経がおこっています。ピルを服用すると、このホルモンの量の変動がおさえられるために通常よりも少ない量の出血が毎月規則正しく来るようになります。

Q:体重が増える?

A:ほとんどの場合、そのようなことはありません。ピルを服用することによって体調が良くなり食欲が出るとも言われています。

Q:吐き気、嘔吐がある?

A:服用開始してから1~2ヶ月は、まれに吐き気・嘔吐の副作用が出る場合があります。

Q:ピルとサプリ、他のお薬と一緒に服用してもいい?

A:まず薬のなかにはピルの効果に影響を及ぼしたりするものがあるので、病気で医師の薬を処方してもらう場合は、ピルの服用中であることを伝えましょう。ですが、ほとんどの薬やサプリメントは影響しません。

Q:ピルを服用するときにどんな検査をする?

A:一般的には、レディースクリニックでは、ピルを安心して安全に服用していただくために、1年に1回の婦人科チェックをお願いしています。

Q:ピルで性感染症(STD)も防げる?

A:ピルは避妊薬でHIV感染(エイズ)や他の性感染症(STD)を防ぐものではありませんので、性感染症予防にはコンドームを使用しましょう。