睡眠薬

今市販の睡眠薬は信頼できますか。当サイトの睡眠薬は全部正規品で、限定割引もありますので、最安価格で欲しがっている睡眠薬を入手できます。また、睡眠薬の関連知識、睡眠薬一覧も全部あります。どうぞ自分にふさわしい商品を選んで、お試してみて良い質量の睡眠を得ましょう!

不眠症の原因と治療方法

睡眠薬
14% OFF
パキシル・ジェネリック 10mg × 10錠 paroxetineパキシル・ジェネリックとは、最新の抗うつ剤「パキシル」のジェネリック医薬品です。 ストレスやショック状態からなるうつ病・パニック障害・睡眠障害を治療するお薬です。パキシル・ジェネリックの効果・副作用・ロコミをご参考ください。パキシ...

¥1,788

¥1,529

  • sku: 480
  • 在庫状況: 在庫有り
  • 適用人群:男女兼用
  • 対応病気:睡眠障害改善

1 合計

睡眠薬の知識

睡眠薬(すいみんやく)とは、不眠症や睡眠が必要な状態に用いる薬物です。睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くするなどの作用があります。睡眠導入剤、催眠薬とも呼ばれる。多くは国際条約上、乱用の危険性のある薬物に該当します。

睡眠薬の効果によって主に以下の種類があります。

1.3時間や4時間ぐらい効果が持続するのは超短時間作用型です。

2.5-ー6時間ぐらいのは短時間作用型です。

3.7-ー8時間ぐらいのは中間作用型です。

4.9-ー10時間ぐらい持続するのは長時間作用型です。

では、睡眠薬は副作用が怖いのですか。主に以下の三つの点があります。

1.薬の効果が翌日に残っています。睡眠作用が翌日にも残ってしまい、日中の眠気やふらつき、頭痛、めまいなどの症状が出る可能性があります。または、高齢になると薬の代謝に時間がかかるようになり、持ち越し効果が起きやすくなります。

2.薬を飲んでから眠るまでの出来事や、夜中に目が覚めたときの出来事などを忘れてしまうことがあります。超短時間作用型の睡眠薬(ハルシオンなど)を使ったときに発生しやすいという調査結果があります。

3.筋肉に力が入りにくくなってしまう可能性があります。作用時間の長い睡眠薬は明け方まで薬の作用が残りがちなので、筋弛緩によるふらつき・転倒には注意が必要です。

以上は睡眠薬についての基本情報です。本サイトは睡眠薬通販公式サイトとして、睡眠薬購入したい方々から睡眠薬を大体了解していただければと思います。

実は、睡眠は生活習慣や心理状態に強い関係があります。睡眠薬はあくまで一時的に改善する作用があるに過ぎないので、日常生活から、注意するひつようがあるということです。